障害年金は病気や事故にあった方がもらえる公的年金制度です

この年金制度は事故や傷病によって働くことが困難な状況となったり、日常生活を送る上で、何らかのハンデ
キャップを負った方を経済的に救うための制度です。

労働に支障がある場合や病気やケガなどで通常の生活に困難がある場合に、障害者に対して支給されるものです。
多くのケガや病気が対象。条件さえ満たしていれば支給されます
問い合わせ

障害年金を請求しようとした場合にまず、問題になるのが受給するための3つの要件です。

詳細は、みえ障害年金相談のWebサイトにも掲載しています。
しっかり制度を知っていただき、少しでも受給できる権利をお持ちの方々のお手伝いが出来ればと思っております。 まずは、じっくりお話を聞かせていただき、一緒に前進していきましょう。
問い合わせ

様々なケースで障害年金は受給されます。受給事例の一部をご紹介いたします。



Sさんは8年ほど前から仕事のストレス、職場の人間関係に悩まされ不眠と意欲低下等の症状が出現
しました。その後も頭痛や手のふるえ、しびれ、動悸、息切れなどの症状が頻繁に出るようになり、
内科に何度も受診しましたが状態が良くなりませんでした。抑うつ気分、意欲低下から精神科を受診し、
投薬により治療を受けても抑うつ状態が続いており、外出や車の運転もできなくなっている状態でした。
生活全般にわたり夫の介助がないと生活できず、調子の悪い時は一人にしておくこともできない状態でした。


Sさんのお兄さんから、「Sさんが癌だが、障害年金は癌でも受給できるのか?」と懸念しておりました。
Sさんは、乳がんで、症状として両手のしびれ・呼吸困難・腰痛などがみられていました。
また、Sさんは左乳房に腫瘤房があったため切除術を施術しました。その後、抗がん剤の投与と放射線療法
実施を行っていたが、骨に転移が判明してしまいました。
障害年金の受給の可能性が高いことがわかり、また、条件としての保険料納付要件も満たしていました。
その他多くの受給事例をみえ障害年金相談のWebサイト に掲載しています。
しっかり制度を知っていただき、少しでも受給できる権利をお持ちの方々のお手伝いが出来ればと思っております。 まずは、じっくりお話を聞かせていただき、一緒に前進していきましょう。
問い合わせ

障害年金の申請書では、ミスをすることが許されません。なぜミスをすることができないのか・・・

審査官は都道府県の社会保険事務局に最低2名はいますが、制度自体は「独任制」といって、 それぞれが事件を一人で
審理、決定しています。

ご自身で障害年金の申請を行い、不支給になる可能性があるよりは、 専門家に依頼し出来る限り目標の等級で認定され、ご自身に合った
傷害年金を受給した方が得策だと考えています。
専門家(社会保険労務士)に任せるメリットは、より確実に支給できるようになり、 より有利な等級に認定されることになります。

詳細は、みえ障害年金相談のWebサイトにも 掲載しています。
しっかり制度を知っていただき、少しでも受給できる権利をお持ちの方々のお手伝いが出来ればと思っております。 まずは、じっくりお話を聞かせていただき、一緒に前進していきましょう。
問い合わせ

三重県の障害年金専門の社会保険労務士です。

みえ障害年金相談は、鈴鹿市を中心に、四日市市、津市、亀山市、桑名市
から障害年金のご相談を多くいただいております。

請求しないともらえない。知らないと請求できない。すばらしい制度にも関わらず、
意外にも受けられるのに受けられず、多くの方が見逃しているのが障害年金。

しっかり制度を知っていただき、少しでも受給できる権利をお持ち
の方々のお手伝いが出来ればと思っております。
まずは、じっくりお話を聞かせていただき、一緒に前進していきましょう。

問い合わせ
社会保険労務士運営サイト
運営サイト